素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

磯焼け対策と環境汚染との関係とは

磯焼け対策の代表格とも言える手段が、テトラポット等の人工的な護岸構造物の設置が挙げられます。メカニズム的には、それに新しい海藻類を定着させて磯焼けの害を軽減させることではありますが、この手段は、波や潮の流れに影響を及ぼすため、海中の生態系を狂わせるリスクを含んでいます。

生態系の変化は、海中の酸素濃度や栄養物質の変化、あるいは水温等にも影響する恐れもあるので、環境汚染に繋がるとも言えます。ですから、現状行われているテトラポット等による安易な磯焼け対策が、環境汚染に繋がる危険性を含んでいると言えるのです。

磯焼け対策を促進する原因とは

磯焼けとは日差しによって海藻類が死滅してしまい、水生生物が生活できなくなってしまう現象です。漁業において大打撃となるので早急に対策を磯焼け対策を講じなければなりません。

代表的な磯焼け対策としてテトラポッドを設置することが挙げられます。これは海藻類に対する日差しを抑えつつ、生育の場を作り出すことによって、海藻類が無事に育つことを促進します。しかし、テトラポッドを設置してから海藻類が再び育つには数年から数十年といった長い時間がかかります。そのため、先手を打って日差しを防ぐなどの方法も重要となっています。

磯焼け対策と光合成の関係とは

現状行われている磯焼け対策が、テトラポット等の人工的な護岸構造物の海中への設置ですが、確かにこの手段は、テトラポットに新たな海藻類を定着させるので、海の光合成には良い影響を及ぼすと考えることも出来ますが、テトラポット表面にも新たに磯焼けが発生し得るため、この手段はあくまで一時的な対策と言えるでしょう。

この海中の状態を良好なものに維持するためには、定期的なテトラポットの交換を行うことで、ある程度の悪化は防ぐことは期待出来ますが、テトラポット表面の海藻類の量で光合成の量が決まるとも言えますので、現状の磯焼け対策が安定した海中の環境改善には繋がりにくいとも言えるでしょう。

磯焼け対策に関する水産庁の動きとは

磯焼け対策については、水産庁の漁港漁場整備部が対策を実施しています。

平成18年度には、これまでの研究成果や各研究機関の協力のもと、「磯焼け対策ガイドライン」を作成しました。平成19年度には、さらなる知見を組み込んだ改定がおこなわれました。同年度には、干潟の生産力改善についての研究成果の収集や分析、生産力向上に向けた手法の検討を行い、「干潟の生産力向上のガイドライン」が作成されました。

平成26年度には、委託事業によって、漁業者への技術的なサポートや技術開発を行った他、磯焼け対策全国協議会も開催したようです。

藻場再生の磯焼け対策の内容について

磯焼け現象は日本の各地いんおける海岸にて起きている現状ですが、浅いエリアでの岩礁において海藻や藻などが減少し枯れてしまう現象の事を指しています。一見してみると磯焼けになってしまっている所には、全く持って緑が見えず石の様にみえているだけとなっています。

このような状態においては、昆布やワカメなどが有用な海藻の胞子が育たず、当然ながらそこのエリアには魚も近づこうとしません。このような磯焼け対策においては、藻場再生を行っていくことが重要となってきます。

藻が育っていく環境を育む事で、貝や魚の餌が増えるので更にそれを餌とする魚が増加する仕組みになっています。磯焼け対策は早急に対応しなければなりません。

磯焼け現象と藻場再生の磯焼け対策の重要性

磯焼けは、海岸などに生えている海藻が減ってしまう事を指しています。その現象が起きてしまうと見た感じが海岸に石灰がついた様に白くなってしまったり、別の生き物により変色してしまう為に、焼けたような見た目になるのでそう呼ばれています。

磯焼けの主な原因は、海水が濁ってしまう事により、光合成が行われないなどの原因が挙げられます。藻場再生などの磯焼け対策を行う理由としては、海藻が減少されてしまう事により、海の生態系が壊されてしまう事にあります。海藻は魚の産卵などによっても必要な存在であり、ウニの様に藻を食べて生きている動物の食料となっています。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

磯焼け対策関連の記事