素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

磯焼け対策は阻害要因をみつけることからはじめる

日本は海に囲まれた国ですが、最近その海の環境が悪くなっているというのです。その中でも磯焼けになっている浅瀬が多いことが環境悪化を物語っているというのです。

磯焼けというのは、昆布や海藻などが群生している藻場と呼ばれるところが死に絶えることをいいます。磯焼け対策はいろいろな方法がありますが、まずは阻害要因を特定していくことが一番の対策です。

一般的に言われていることは、海水温があがり、ウニの活動が盛んになっているためウニが藻場の昆布や海藻を食いつくしているからということらしいです。

ですから、ウニの駆除などの磯焼け対策をしていくことが、豊かな海をよみがえらせるためにも必要です。

原因を知って磯焼け対策をする

日本各地の沿岸でワカメやコンブといった海藻類が減少してしまい不毛の状態になる磯焼けが起きています。原因としましては海流の変化、ウニ等による食害、河川水や泥の流入等が挙げられているのですが、はっきりとした事は特定されていません。また光合成がされないと海藻は育たないので水質を改善させる事が必要となってきます。

基本的に磯焼け対策をするためには環境を改善させてあげる事が一番となります。それに加えて、上記のような考えられる原因を排除する事が磯焼け対策となり日本の漁場をしっかりとしたものにするためにも必要な事です。

磯焼け対策、水産庁の対応と現場からの報告

水産庁では平成18年度に磯焼け対策ガイドラインを策定しています。続く平成19年度からは磯焼け対策全国協議会を開催することにより情報の共有化、対策の連携を支援するなど、全国の漁業者従事者に向けて、磯焼け対策技術のサポートや対策技術そのものを委託事業によって開発してきました。その結果、ガイドラインで示した対策により得られた成果が、長崎県大瀬戸町地区や大分県名護屋地区から報告されています。

近年の調査では、磯焼けの原因の一つとしてウニによる食害が全国的に分布していることが解明されました。また、関東以南の太平洋側では、海藻を食べる植食性魚類による食害が原因の大きな割合を占めること分かったなどの調査報告も上がっています。これらの成果をもとに平成27年に改定されたガイドラインでは、特に植食性魚類の駆逐技術に関する記載が拡充されたため、今後、磯焼けへのアグレッシブな対策実施が期待されます。

海底で起こる磯焼け対策について

磯焼けとは、海岸に生えているコンブやワカメなどの海藻類が減少してしまい、代わりにサンゴモという薄いピンク色をした炭酸カルシウムが沈着した海藻が、海底の岩の表面に繁殖してしまうことです。

その原因として、ウニなどが餌となる海藻を食べてしまうことや海流の変化などが考えられています。そのため、磯焼け対策としてウニ類を潜水して駆除することや、海藻の種苗を投入するといったことが取られています。

また磯焼けにより藻場が消えてしまった場所へ、新たにテトラポットなどを沈めることによって、既存の場所へ磯焼け対策を行うのみでなく、新しく藻場を作ろうという働きも行われています。

磯焼け対策とは

磯焼けとは、沿岸海域にある昆布やカジメなどが大量に枯れてしまう現象を言います。それを防ぐために、磯焼け対策と呼ばれる対策が行われます。

磯焼け対策が行われている意味としては、喪類が枯れることによって、それを餌としている生物が減ってしまい、漁業にも大きな影響を出ないようにするのが目的とされています。

行われている磯焼け対策としては、テトラポッドを清掃したり、新たなテトラポットを投入などが挙げられます。そのようなことが行われることによって、喪類が回復することがあります。また、海底にテトラポットを投入して、人工的に藻場を作る実験も行われています。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

磯焼け対策で藻場再生をする

藻場は海面下の海の森と呼ばれ、陸地を囲むように海中に形成された階層や藻の群落のことをいいます。藻場が高度成長期の沿岸開発によって減少し、生態系が狂う程減少してしまい藻場再生の運動が行われています。

藻場現象の理由としては化学物資の流入、磯焼けなどです。磯焼けは海藻を食べる魚やウニが増えすぎたことにより藻場が砂漠化していく現象です。磯焼け対策をしっかりと行うことで藻場の生態系を守る事につながり、よって藻場再生にもつながるとされています。

いろいろな磯焼け対策が行われており、藻場も環境を守っていっています。

磯焼け対策関連の記事