素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

藻場再生プロジェクト

藻場再生のプロジェクトが、地震後海の再生のために東北などでいろいろな取り組みがされております。

津波による被害によるものですが、それ以外にも海水汚染や温暖化による海へのダメージは大きく、海の森を作る取り組みとして取り組まれております。あと数年もすればそれなりの成果を出すことでしょう。

水産庁は藻場再生にも協力しており、一丸となって貴重な資源となる水産物を保護する役割も担っています。藻場再生に四苦八苦している所への手助けを惜しむことはありません。

国としては藻場は海の資源を増やす働きや環境保全にもつながる存在なのでぞんざいに扱うことは断じてならないと考えています。たくさんのお金を投入して水産基盤の整理を推進しています。

只でさえ日本で口にされている魚介類は輸入されている物も多いのにこれ以上海の環境が段々と悪化をしていくと日本産の魚介類は日本から無くなってしまいます。

そのためにも水産庁はこれからも藻場再生に力を入れなければなりません。

藻場再生と魚類の保護について

藻場再生のコツをつかむためには、様々な専門業者の取り組みにじっくりと目を向けることがおすすめです。最近では、魚類を保護する方法について、様々な媒体で紹介されることがありますが、具体的なサポートが行われている専門業者の成功事例をチェックすることが良いでしょう。

また、藻場再生の成功率の高さについては、それぞれの業者の技術力に左右されることがあるため、いざという時に備えて、パンフレットやカタログを参考にしつつ、経験者のアドバイスを参考にしながら、役にたつ知識を身に着けることが重要なテーマとして扱われています。

藻場再生を行ってもすぐに結果を出す事は難しい

海の浅い場所に海藻などの植物が生息できなくなる磯焼けという現象が全国の海で発生しています。

その原因は工業化した現在の私たちにあります。たくさんの海が埋め立てられた事によった事も大きく影響しています。

また、海水の温暖化なども関係があります。以前の様に美しい海を取り戻すには藻場再生が必要になります。

しかし、藻場再生を行ってもすぐに結果を出す事は難しく、きれいな海を取り戻すまでには時間がかかります。一度なくしてしまったものを取り返すのはそう簡単な事ではありません。

ウニと藻場再生との関係とは

ウニは海藻を餌としてるので藻場再生に密接に関係しています。そこで個体数を人為的に増減させることにより藻場を維持管理していきます。

商品価値の高いものはそのままとどめるか、あるいは移植により生息密度を調節していきます。磯焼けなどにより衰退している藻場で痩せているものは、海藻が豊富な藻場へ移植し価値を高めます。

このように生息密度の調節により商品価値を高めるとともに、藻場再生、磯焼け防止ができます。商品価値の低いものは移植の意味がないので藻場への食圧を低減するため駆除、または農業用の肥料として利用されます。

磯焼け対策から実現する藻場再生

環境問題は陸の上だけで発生しているのではなくて、海の中でも発生しています。磯焼けの問題は深刻なため、磯焼け対策が行われ、藻場再生実現に多くの人が手を尽くしています。

磯焼け対策から藻場再生を無事に実現できればいいでしょう。しかし、磯焼け対策から藻場再生を達成するにはそう簡単な事ではありません。

磯焼け対策から藻場再生を実現するには、海の中の環境を変える必要がありますが、それには莫大な手間や費用、または時間が必要です。磯焼け対策から藻場再生を目指すには作業はすべて海の中で行う必要があり、それが実現をより一層難しくしています。対策をしても、元通りになる様であれば意味がありません。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

藻場再生の一環として磯焼け対策ガイドラインの制定

磯焼けは他の海を浅い海で生活している海藻や、海草が死んでしまい、それが原因でアワビやサザエなどの魚介類の収穫ができなくなってしまうことを指します。

磯焼けになってしまう原因としては他の海の生物による被害や、海底の浸食によるものなど自然的要因と、食害があり、実は食害が半分以上を占めています。そのため水産省では藻場再生の一環として「磯焼け対策ガイドライン」を制定して、海の自然を守っていくことに現在力を入れています。

藻場再生の一環であるこのガイドラインは平成19年より施行されており、平成26年には改訂されるなど今もより良くするために改訂が続けられています。

藻場再生・磯焼け対策に関連する記事