素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

藻場再生、磯焼け対策例

藻場再生とは磯焼けと言われる藻場が死滅してしまう現象を止める、又は死滅してしまった藻場を再び豊かなものにするためのプロジェクトのことを言います。

藻場は魚や貝などの多種多様な水棲生物にとっての住処であると言え、天敵からの隠れ場所や産卵場を提供すると共に水質の浄化や光合成による酸素の生成も担うといった重要な役割を担っていることから、藻場が無くなってしまうというのは豊かな海を死滅させてしまうということに繋がるのです。

実際に藻場再生のために努力を重ねているという地域も存在しており、既に成功したという例も存在しているのです。

藻磯焼け対策に効果的なバイテクソイル 

日本の沿岸域では、磯焼けが深刻な状態になっているため、磯焼け対策が行われています。その磯焼け対策に用いられていますのが、「バイテクソイル」と呼ばれるものになります。

これは、化学肥料が使用されていない、落葉広葉樹の間伐材を原料とした腐植土になり、微生物と植物の共生で出来ているものです。この「バイテクソイル」に含まれているフルボ酸は、海水中でフルボ酸鉄になって、磯焼けを引き起こす石灰藻の成長を抑制する効果があるとされています。そのため、日本のいくつかの沿岸域の場所にて磯焼け対策として役立てられています。

磯焼け対策でとられる施工事例について

磯焼けとは、コンブやワカメなどの海藻が減少して岩などがむき出し状態になっている不毛の状態の事です。コンブやワカメに代わって、サンゴ藻という硬い海藻が代わりに覆い尽し、見るからに海底が殺風景な状態になってしまいます。

こうした磯焼け対策には、テトラポットなどの投石を沈め、その投石にコンブやワカメなどの有用な海藻を根付かせて藻場を作るという施工事例があります。ただテトラポットでも放置しておくとサンゴ藻という硬い海藻に覆われてしまうこともあり、磯焼け対策にはテトラポットを交換したり、新しいテトラポットを沈めたり、テトラポットの表面を掃除したり取り換えたりする対策も必要となります。

藻場再生と甲殻類との関係について

各地の海で見られる藻場は、一見、ただの海藻、水草の集まりにも見えますが、実は海の生き物達にはなくてはならない場所となっています。まず、藻場は甲殻類などの海の生物の隠れ場所、産卵場所にもなっております。また、海藻などについた小さな藻類の光合成による効果で海の水を浄化する役割ももっています。そんな重要な役割を果たしている藻場も近年の海水温の変化、また海岸の埋め立てなどにより、全体として減少傾向にあり、全国で藻場再生が叫ばれています。

現在は全国の漁業者の方々が藻場再生のため、保全活動を行なっていますが、世間全体に藻場の重要性をもっと認識してもらう必要があります。

原因を知って行う磯焼け対策と藻場再生

すでに生態系が変わってしまっている場合には、磯焼け対策と藻場再生が必要ですが、磯焼けとなる原因は様々です。人間が直接的な原因となっている事もあれば、そうではない事もあります。

いかなる原因であったとしても、一旦環境が変わると、元に戻すのは容易ではなく、磯焼け対策と藻場再生に力を注ぐ必要があります。

しかし、磯焼け対策と藻場再生を行う際に原因を把握する事ができていると、対策がしやすくなる事もあります。磯焼け対策と藻場再生をするには原因を取り除くアプローチもあるでしょう。

磯焼け対策と藻場再生は、ボランティア活動に参加したいという人ばかりではなくて、研究者も対策に協力しています。

磯焼け対策で藻場再生が出来る

一度磯焼けした影響で、昆布やわかめなどの海藻類が全滅してしまった海でも、新たに磯焼け対策を施すことで、また藻場再生をすることが可能です。しかし簡単には、出来ることではありません。

磯焼け対策は、悪化してしまってからでは、手遅れで藻場再生することが困難になってしまうので、出来るだけ早く手を打たなければいけません。

そうすれば少しでも、藻場再生が実現することが出来ます。再生することにより、海辺には植物だけではなく、いろいろな魚などが集まってきます。そうすることにより、自然豊かになり、綺麗な海が戻ってきて、美味しい魚やわかめ、昆布などを採取できるようになります。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

藻場再生・磯焼け対策に関連する記事