素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

藻場再生と磯焼け対策で漁業を守る

近くの浅瀬が磯焼けになると最も影響を受けるのはまず漁業者です。魚がいなくなるので、仕事ができなくなります。磯焼け対策で藻場再生を実現する事に対して深い興味を抱いている人も多いのではないかと思います。

また、漁業者自身が自分達の手で藻場再生を目標とし磯焼け対策を行う事もあるみたいです。長期的なスパンで考えた時に、やはり魚が減ってしまうという可能性は多いに考えられますので、早期に磯焼け対策で藻場再生を行っておく必要性は高いと考えられます。

魚を捕るというだけでなく、海の環境保護についても熱心に取り組んでいる人もいるみたいですね。日々行う事は小さいかもしれませんが、時間が経つとその効果が出てくる事でしょう。

磯焼け対策をしてサンゴモを撃退しよう

藻場や干潟といった場所は、水産生物の餌を確保して産卵や育成を促す大切な場所になります。ですが、各地の海岸には磯焼けの様な環境問題が蔓延っているので、安定した水産資源の確保の為にも磯焼け対策など様々な対策を講じていかなければならない状態です。

磯焼けなどの環境問題の原因はサンゴモや海流の変化など様々な要因が考えられるので、解決する事が難しいのが現状です。ですが、最近は人工的に手を加える事によって環境の改善を促す動きがあります。例えば磯焼け対策として、テトラポッドなどの人工的なブロックを定期的に沈めて代替の藻場を造成したり、定期的にブロックの表面を掃除するなどです。

磯焼け対策のガイドラインの改定を発表

「磯焼け」とは比較的浅い海域に生息する海藻や海草が死滅し、それに伴いアワビやサザエなどの水棲生物が減る現象のことを言います。

磯焼けの原因として自然災害的なウニなど植食動物による食害、海底の浸食、日射量の減少による光合成阻害の他、人的災害として船舶塗料の溶け出しや河川からの環境ホルモンによる汚染、造成などによる土砂の流入などがあげられていますが、全国的に見るとその60%が食害によることが原因だと報告されています。

その事実を踏まえ水産庁は「磯焼け対策ガイドライン」を平成19年に発行し、このガイドラインに沿って漁業者が磯焼け対策を実施するようにサポートを行ってきました。平成26年度には「磯焼け対策ガイドライン」の改定を発表し、引き続き取り組みを行っています。

藻場再生のデメリットとは

日本近海に広がる藻場は、豊富な海産資源を得るために必要となります。日本各地の沿海岸の地域では、藻場再生のプロジェクトが活性化され、それによって海洋環境の良化を実現しています。

藻場再生を行うことはメリットが多い反面、デメリット面も幾つか存在します。デメリットとしては、まず再生のための費用がかかってしまうことと再生させる上での時間がかかることです。それ以外にも専門的な知識が必要となったり、それに携わるべく人材を確保する上で不足気味だったりすることもあります。

つまり簡単に藻場再生を果たすことができるわけでなく、準備や予算、人材の確保などの条件を満たさなければ実現が難しい点が存在します。

テトラポットを活用した藻場再生や磯焼け対策

いろんな物を利用して藻場再生や磯焼け対策が行われる事もありますが、場合によってはテトラポットが利用される事もあります。テトラポットは、海藻が生息しやすい環境を作る事ができます。ですので、藻場再生や磯焼け対策を行うには最適です。しかし、藻場再生や磯焼け対策を第一考えるのであれば、掃除などのお手入れが必要となる事もあります。

藻場再生や磯焼け対策のために、テトラポットを活用するなら、沈めたままにしておくというのは好ましくない事もあります。環境が定着して落ち着くまで、藻場再生や磯焼け対策は長く対策を続けないといけない事もあります。昔の様な環境に戻すには大変な労力が必要となります。

重要視される藻場再生とか磯焼け対策

海の中でも藻場と呼ばれる浅い部分は日光も届き光合成を行う海藻などが生息しやすく、また魚類にとっても餌が豊富にある場所です。しかし、コンクリートで埋め立てられる事などが多く、近年では本来その場所にいないウニなどが大量発生しています。そのため、藻場再生とか磯焼け対策が重要視されています。

藻場再生とか磯焼け対策を行う事で、元々その場所に生息していた生物が戻ってきたら成功だと言えます。また、藻場再生とか磯焼け対策は今だけではなくて、ずっと子孫の代まで続かせる事が大事です。

藻場再生とか磯焼け対策は簡単ではありませんが、私たちが対策を行う事が大事です。専門家が藻場再生とか磯焼け対策に力を尽くしています。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

藻場再生における食害の問題とは

磯焼けの原因となって海に生き物の中には、ウニだけではなく、アイゴやブダイといった魚類も含まれています。これまで食用にもなっていた魚ですが、食生活の変化もあり、需要も少なくなったため、漁獲されていないことから、数が増加して海草の食害が多くなっているようです。そのため、漁業関係者がこれらの魚を、網などを仕掛け、捕獲し駆除が行われています。

この苦労が実り、カジメといった海草が、以前のように豊かになっている藻場があります。漁業関係者の力なくしては、このような藻場再生に繋がる地道な取り組みは難しいものです。

食害を減らすことは、藻場再生にとって必要不可欠です。

藻場再生・磯焼け対策に関連する記事