素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

磯焼け対策

最近、磯焼けという言葉をよく聞くようになっています。磯焼けというのは、浅い海などにある藻場の海藻類が死滅している状態のことを言います。

なぜ磯焼けをしているのかというのは、海水温の上昇があります。

これによって、冬の間は活動も鈍るはずのウニなどの植食性魚類の活動が活発となってしまい藻場にある海藻や昆布を食い荒らしてしまうということが一番の原因などによるのです。

磯焼け対策はいろいろありますが、植食性魚類の駆除が一番効果があります。磯焼け対策をしなければ豊かな海は戻ってきませんので早急な対策が求められるのです。

研究者が行う磯焼け対策

時としてNPOなどの団体が磯焼け対策を行う事もありますが、専門的な知識がないと磯焼け対策を行うのは厳しい部分もある様です。そこで磯焼け対策について豊富な知識を持ち合わせている大学などの研究者がNPOなどにアドバイスをしたりする事もあるようです。

研究者は知識において優れていても、NPOの様に人材を確保したりするのが厳しい場合もあります。磯焼け対策ではいろんな人が、自分の強みを活用して貢献しています。

また、法人は資金の調達において優れている事もあります。環境対策は個人で行っても目に見える変化を得るのは難しいと思います。互いにない部分を補いながら磯焼け対策を行う事で、きっと素晴らしい自然を取り戻す事ができるでしょう。

磯焼け対策を行っている水産庁の取り組み

磯焼けは海岸に生えているコンブやワカメなどの海藻が減少し、代わりにサンゴモと呼ばれるうすいピンク色の殻の硬い海藻が繁殖し海底の岩を覆いつくす現象です。このようになると魚が寄り付かなくなり生態系の乱れや漁業に影響が生じます。

このため磯焼け対策に水産庁が取り組んでいます。まず原因を特定するため、海底を調査したり海藻を植え付けて観察をします。そして原因に応じて対策を実行します。海岸の環境の悪化が原因の場合は海藻が繁殖しやすいように石やテトラポットを海底に設置したり、海水の汚濁を取り除いたりします。磯焼け対策で豊かな海の自然が取り戻せる取り組みを行っています。

磯焼け対策で藻場の減少を防ぐ

昆布、ワカメ、その他多くの種類の海藻などが繁茂している場所を「藻場」と言いますが、近年、日本各地の海岸でこの藻場が減少してきています。「磯焼け」と呼ばれる現象のために、数千ヘクタールの藻場が消失して不毛の状態となり、代わりに硬い殻のような海藻に覆い尽くされます。

磯焼けが発生すると、海藻が生えてこないため魚が寄り付かず、生態系の崩壊が懸念されます。磯焼け対策としては、テトラポッドなどを沈め、人工的な藻場を作る試みが行われています。海藻による海の浄化作用を取り戻すためにも、磯焼け対策で藻場の減少を防ぐことが急務です。

海の現象である磯焼け対策

磯焼けは、ある沿岸海域に生息する海藻類の多くが死滅してしまい、それに伴ってアワビなどの水棲生物も減少し、漁業に経済的大打撃を与える現象です。

磯焼けの原因となるのはウニや小型巻貝類の植食動物による食害や漂砂によるキズや汚れ、日射量の減少による光合成の阻害などがあげられます。

磯焼け対策としては投石による代替藻場の造成がおこなわれています。テトラポッドなどのブロックを海に沈めて、人工的に藻場をつくる試みが日本各地で実験的に行っています。この試みは以外に古く、1928年に北海道の日高で磯焼け対策として行われました。

磯焼け対策に効果的なバイテクソイルとは

バイテクソイルとは、落葉広葉樹の間伐材を微生物によって発酵分解させた腐葉土から、雑菌を取り除き、植物生育有効微生物を添加したものです。一見、磯焼け対策とはつながりがなさそうですが、バイテクソイルに含まれるフルボ酸と鉄分が結びついてできるフルボ酸鉄は、豊かな藻場をつくるために必要な植物プランクトンの養分となり、また、磯焼けの原因のひとつでもある石灰藻の成長を抑制する効果もあります。

化学肥料を使わず、追肥の必要もないため、漁業への影響がないこともメリットのひとつ。環境に配慮した磯焼け対策として注目を集めています。

磯焼け対策と地球温暖化の関係とは

近年騒がれている磯焼け対策の問題は、日本のみならず世界中で取り組まなければ解決のしない問題といえるでしょう。磯焼けの主な原因は、海の汚染や海流の変化によるものと言われています。また、地球温暖化も磯焼けの問題と深く関わると言われており、温暖化の影響で沿岸岩礁域で海中林が衰退や消滅する影響により、海中林の形成できる海域が狭まることで磯焼けの現象が生まれてしまいます。

このように磯焼け対策には、まず地球温暖化の対策も同時に行わなくてはならないのです。

そうそう簡単な磯焼け対策ではないのですが、人類が取り組む問題として最優先にしなければならないと思います。

磯焼け対策に関係するサンゴモとは

近年の環境問題としてある、磯焼けはコンブやワカメなどの大型の海藻類の減少、衰退により起きてしまうものです。その影響は、これらをえさとする海の生物の衰退に関わってきて、漁師などの漁獲量にまで影響してくる深刻な問題です。その原因の一つとしてサンゴモという石灰藻類の影響があります。

サンゴモは一見、石のようなものですが、光合成なども行う、立派な植物です。これらは、磯焼けの地域で約90%の海底を覆い尽くしているのです。石灰藻類の上には海藻類などの胞子が育たないため、磯焼けとなってしまうのです。その為、磯焼け対策には、石灰藻類の除去が課題です。

また、磯焼け対策は地球温暖化とも同時に対策を練らなければ解決しない問題です。

磯焼け対策の重要性について

磯焼けでは、沿岸の海域の海藻がほとんど死滅し、それに伴いアワビやうになどの数も減少し、水産資源に測り知れない打撃がもたらされますから、磯焼け対策は非常に重要です。漁業に関係のない人々にも、大きな影響のある問題です。

取り返しがつかないほど磯焼けが広がってからようやく重要性を認識し、磯焼け対策をおこなっても手遅れになるかもしれません。

生態系は複雑に絡み合って存在しているもので、影響は次々と広がっていきますから、磯焼け対策は早いに越したことはありません。水産資源を守り、豊かな食生活を保つためにも、対策は急務です。

海藻の減少を防ぐ磯焼け対策とは

磯焼けとは、沿岸部にある海藻類がたくさん生えている場所(藻場)が何らかの原因で藻が枯れてしまい、石灰藻類が繁殖して白く見える状態や、あるいは単に海藻類が大量に枯れた状態をいいます。原因としては河川からの大量の出水による海の塩分濃度の低下や、逆に干ばつによって塩分濃度の高い海水が押し寄せること、またウニなどの生物が食べ過ぎてしまうことなどがあげられますが、原因不明なことも多いのです。一度磯焼けになると再生するのに長時間を必要とし、漁場に影響を及ぼすので、磯焼け対策をする必要があります。

磯焼け対策としては、藻が付着しやすくなるブロックを沈めたり、藻を食べすぎる生物の駆除などがあげられます。

兆候がないか、磯焼け対策が功を奏しているか常に監視し、チェックしていく必要があります。豊かな漁場を守るため、藻場は非常に重要な場所なのです。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

磯焼け対策関連の記事