素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

バイテクソイル工法(藻場再生、磯焼け対策、酸性土壌の緑化)

海岸に海苔やわかめ、昆布という物があるのが当たり前と思っているという方は、その常識を変えなくてはいけないかもしれません。今まで当たり前にあった、海苔やわかめ、昆布と言う物が突如として姿を消したという状況が続いているようです。

そのような状況を打破するため、藻場再生と言う事業がスタートしていますが、それが少しずつ結果を出してきているようです。

藻場再生というのは、海岸の海苔やわかめ、昆布を再生するための栄養ともゆうべき物質を与え、そのような物が再生するための手助けをするという事業です。

徐々に成果が出てきているため、衛星からの画像でも少し改善が見られてきています。

海藻の生息地の磯焼け対策に

海の浅い海域には藻場と言われているコンブやワカメなどの海藻類が生息している場所があります。その場所は水の浄化や海中にたくさんの酸素を供給して、小さな魚類や甲殻類の生き物が生息したり産卵をしたりする大切な場所です。

その場所が磯焼けを起こして従来生息してきた海藻類が減少し、その代わりに炭酸カルシウムが沈着したサンゴ藻が繁殖します。大切な漁場で磯焼け対策として原因を究明して、それに応じてコンクリートブロックを海底に設置することや、漁業者自らが磯焼けの原因のウニを捕獲したり、フェンスを張ったりなどの磯焼け対策に取り組んでいます。

磯焼け対策を促進するということ

磯焼けとは沿岸地域にいる海藻の多くが死滅することで、あわび等の水生生物が減少し漁業に大きなダメージを与える現象のことです。磯焼け対策の促進歯とても重要な課題となっています。

これはほぼ全国的に見られる現象で、温暖化による水温の上昇が原因であるとか、沿岸を開発することによって起こるという意見もあります。このような現象は藻とそれを食べて生きているもものとのバランスが崩れることで起こるので、磯焼け対策フローを導入して、磯焼けの感知等8つのプロセスを順に検討するようにします。それにより対策が試行錯誤的にならないようにしています。

藻場再生にかかる費用について

藻場再生のためには多くの人手が必要になってしまうだけではなく、費用も多額になってしまうという特性があります。

やはり、可能な限り支出を削って藻場再生を目指す方法が選ばれているのですが、低コストを意識し過ぎると再生できない可能性もあるので、バランスを良く考える必要があります。

また、藻場再生のための海で行なう作業という点で気がかりになるのは、海風によって設備などがすぐに劣化してしまうという事です。効率的に作業が進行できる機器を導入したものの、途中でメンテナンスが必要になり追加費用を捻出しなければならないことがあります。

藻場再生や磯焼け対策が必要な背景を知る

中には藻場再生や磯焼け対策という言葉を聞いた事がある人もいるでしょう。しかし、現在においても藻場再生や磯焼け対策はあまり認知されていない事もあります。

藻場再生や磯焼け対策は私達にとって必要な環境保護の対策の一つです。藻場再生や磯焼け対策が必要な背景についてですが、浅瀬は海の生物にとって海藻やプランクトンも豊富な重要な場所です。また、大きな天敵となる魚などが少ないため、多くの魚にとっては憩いの場所となっています。

しかし、そんな浅瀬が埋め立てや開発などによって環境が破壊されている所もあります。そのため、藻場再生や磯焼け対策を行う事で元の素晴らしい環境を取り戻す必要があります。

必要不可欠な磯焼け対策や藻場再生

すでに磯焼けが進んでおり、ウニなどが大量発生してしまっている場所に磯焼け対策や藻場再生を行わないままの状態が続くとどうなるでしょうか。

磯焼け対策や藻場再生をしないと、まずそのエリアの生態系が崩れてしまう事が懸念されます。

さらに磯焼け対策や藻場再生をしないままの状態が続くと、その影響はより海の深い部分にも出てしまう事もあります。磯焼け対策や藻場再生はまさしく必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。

また、人間が磯焼け対策や藻場再生を行い続けるのではなくて、なるべく人間が手を加えずとも美しい環境をキープできるというのが理想的です。環境破壊は人間にも深い関係があります。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

藻場再生・磯焼け対策に関連する記事