素敵なキッチンで料理して広いリビングで食事そんな演出ができる、お部屋探しのお手伝いサイト

磯焼け対策の現状

かつて磯焼けという言葉は海藻の極端な減少によって、海藻を餌とする生物が減少し、そのことが生態系全体に影響を与えて、結果的に漁村が疲弊することを指していたことがあります。しかし現在では単なる海藻の減少のみを示す語彙となりつつあります。

植食動物による食害や環境ホルモンによる汚染、地球温暖化による海水温の上昇など様々な原因が挙げられていますが、これだという原因が特定されていないのが現状です。磯焼け対策としては製鉄スラグを用いられることがあります。

鉄分の供給が磯焼け対策として効果があることが認められています。

磯焼け対策 ウニばかりの海とならないために

磯焼け対策とは、海の砂漠化とも呼ばれる、海藻や魚が非常に少なくなり、ウニや小さな巻貝類が多くなってしまった状態の海中を、もとの状態にかえすための活動のことです。豊かな海には、私たちにもお馴染みのワカメやコンブなどの海藻が生きています。その海藻を食料としたり、卵を産むために魚も多く生息しています。この大切な海藻類が海中から消えてしまい、当然魚もいなくなってしまうことが磯焼けです。日本では、古くからこの現象は知られています。

磯焼けの原因は、ウニなどの生物によっての海藻類への食害や、海流が変わったため、多くの河川の水が海に流れ込んだため、あるいは砂や泥などが流れ込んだため、または海岸の環境が汚染されたことにより海の水が濁り、海藻類の光合成がうまくいかないためなど、諸説があります。しかし決定的な原因は今のところ判明していないのが現状です。

それでも豊かな海を取り戻すため、海藻類を再び多くするための磯焼け対策が様々に試されています。具体的には人工的に藻類の生息場所をつくる取り組みが代表的なものです。

海藻の減少を抑制する磯焼け対策とは

磯焼けは、海の砂漠化とも言われ、日本各地の海岸で重大な環境問題になっています。魚介類にも大きな悪影響を及ぼすため、各地で磯焼け対策が行われています。

磯焼けは、主に昆布やワカメ等の海藻が減少してしまい、不毛となる現象です。これによって、魚が身を隠したり、産卵する場所がなくなるばかりか、石灰が増えて、一帯が硬く白い状態になってしまいます。

この磯焼け対策として、新たに生える海藻を増やすために、海藻の種苗を投入する方法を実施している地区もあります。また、石灰を取り除くために、高圧洗浄機を使って岩盤を清掃し、付着した生物を剥離して綺麗にするという対策も行われています。

磯焼け対策を全国に広めよう

漁獲量が多すぎるせいで、特定の種類の魚介類の生息数が減少しているというニュースも多いですが、漁獲量だけが問題になっているわけではありません。磯焼けという海藻類が死滅してしまう現象も、水棲生物が減少する原因になっているからこそ、磯焼け対策が全国に必要だと騒がれています。

海藻の付近に産卵をできる魚も減ってしまったり、海中で光合成をできる植物を増やすためにも、磯焼け対策について考える自治体が全国に増えてきました。自然に海藻類の数を増やせるように、フェンスを張るなどの磯焼け対策を行うだけで、海藻の数は大違いになります。

深刻な現状と藻場再生と磯焼け対策に関して

現代の日本の海岸では磯焼けが深刻であると言われています。一体どのようなことが原因で磯焼けは起きてしまうのでしょうか。実は他の海水汚染とは異なり人間の行動だけが原因でないのが厄介な所です。ウニや他の水産物が食べてしまったり、海の中の環境の変化であったり・・・そういった自然環境の変化によっても被害が大きくなってしまうので藻場再生と磯焼け対策を行っても完璧に防ぐことは難しいのです。

最近では専門家の人たちも藻場再生と磯焼け対策に強い関心を持っており、政府もガイドラインを制定したりと、多くの人の協力・関心のもと、日々よりよい環境になっていくように様々な手段が取られています。

磯焼け対策も行われる藻場再生

沿岸地域にいる海藻の多くが死滅することを磯焼けと呼ばれており、あわび等の水生生物が減少し漁業に大きなダメージを与える現象のことです。藻場再生において、磯焼け対策の促進は重要な課題とされています。

全国的に見られる現象であり、温暖化による水温の上昇が原因であったり、沿岸を開発することによって起こったりするといった、様々な事情が存在しています。藻と、それを食べて生きているものとのバランスが崩れることで発生する問題であり、効率的に作業が進行できる機器を導入しながら、正しいプロセスを守って磯焼け対策されることが求められています。

藻場再生や磯焼け対策はタイキへ。〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

磯焼け対策関連の記事